TOP PAGE >
リーチ工房と英国陶芸作家を訪ねる旅 2018年秋

募集、終了しました。


今秋、バーナード・リーチが工房を築いた英国・コーンウォールのセントアイヴス、スリップウェアと縁の深いデボンなど、南西イングランドの工房・陶芸家を訪ねる旅を実施いたします。


  日程: 10月8日(月)~ 16日(火)【7泊・9日間】


  《主な訪問先》
  ● リーチ工房(セントアイヴス) 
  ● ジョン・リーチ工房(サマーセット)
  ● ジャック・ドハティ工房(コーンウォール)
  ● クライヴ・ボウエン工房(デボン)

  ● セントアイヴス
  ● ランズエンド
  ● 柳宗悦と濱田庄司が1952年に訪ねたダーティントン
  ● スリップウェア縁の地、ビディフォード
  ● ロンドン ほか

  ■ 旅程・旅行代金等の詳細は、右の旅行パンフレットをご覧ください。
    クリックすると、PDFが別ウィンドウで開きます。



 
【旅行詳細】
クリックするとPDFファイルが別ウィンドウ開きます。


 

  ■ギャラリー・セントアイヴスの店主、井坂浩一郎がご案内いたします。

  ■陶芸家の工房では、陶芸家のお話しや実演を予定しています。
   クライヴ・ボウエンさん、ジャック・ドハティさん訪問の際はご自宅へもご招待くださる予定です。
   紅茶やお菓子をいただきながら、英国の陶芸家の暮らしぶりをご覧いただけます。

  ■10-15名での催行を予定しています。

  ■お問い合わせ・資料ご請求は、ギャラリー・セントアイヴス、または、
   株式会社オーバーシーズ・トラベルのワールドブリッジ・デスクまでどうぞ。


  ~ 主な訪問先 ~

セントアイヴス



リーチ工房 リーチ工房
ジョン・リーチさんの工房
セントアイヴス



ジョン・リーチさんの工房



ジョン・リーチさん



ジャック・ドハティさんの住む
マウゾール村の港


ジャック・ドハティ邸



ジャック・ドハティ邸からの眺め



クライヴ・ボウエンさんの工房



クライヴ・ボウエン邸と工房



現在のダーティントン・ホール


スリップウェア縁の地
ビディフォードの美術館
1952年に柳宗悦と濱田庄司が訪ねた
ダーティントン・ホール


 
   

TOP PAGE >