TOP PAGE >
冬の新作展 ~Winter Show 2016~

会期: 12月10日(土)- 25日(日)《会期中 月・火曜休》
会場: ギャラリー・セントアイヴス 11:00am - 6:00pm


常設作家の新作がクリスマスを前に入荷しました。
伝統的なスリップウェアの産地デボンで制作を続けるペニー・シンプソン、バーナード・リーチの孫で登り窯での焼成に取り組むジョン・リーチの工房、動物のモチーフに文様を描き加えたアーザンウェア(低火度焼成の陶器)が特徴のフィリップ・ウッド、日英の民藝に造詣の深いフィル・ロジャース、2008-2013年にリーチ工房の作陶主任を務めたジャック・ドハティ。10数年前の出会いからその変遷を見続けてきた英国の中堅~ベテランの作家たちです。


《新入荷作品》
ジョン・リーチ工房 / フィリップ・ウッド / ペニー・シンプソン
ジャック・ドハティ / フィル・ロジャース
『冬の新作展~Winter Show 2016~』
【PDFカタログ】
クリックすると別ウィンドウで開きます。


これからの企画展 >  過去の企画展 >  過去の企画展2>