TOP PAGE (フレームが表示されてない場合、
          ここからTOPへお戻りください。)

ユアン・クレイグ 作陶展 2007

《Exhibition of Euan Craig 2007》

2007年11月24日(土)〜12月3日(月) 《会期中 無休》
会場: ギャラリー・セントアイヴス



☆11月24日(土)18:00より、オープニングパーティーを開催いたします。

作家在廊日: 11月24日、25日、12月1日、2日、3日

《会場風景》

Just as a tree makes leaves in order to grow, so a potter makes pots. Each leaf bears the unmistakable characteristics of the tree, but every one is complete and beautiful in and of itself, and no two are the same. At the end of each year the tree will display its leaves in a blaze of colours and share them with the world.
I invite you to come share with me again this year, my work and my life, and see how I have grown.
                               Euan Craig

木が成長のために葉を作るように、陶芸家は器を作ります。
それぞれの葉は気の確かな特徴を含んでいますが、それらは
完全で美しさも持っています。そして二つと同じものはありません。
一年の終わりに、木は燃え立つような色彩で葉を飾り、世界と
それを分かち合います。
私も、今年の自分の作品とライフ、そして自分の成長を分かち合う
ために、この展示会へ皆さんをご招待いたします。
                               ユアン・クレイグ

1964
1978
1985
1991
1994
2000

オーストラリア、メルボルンに生まれる
陶芸に出会う
ベンディゴ大学窯業科卒業
島岡達三師の門に入る
益子町に築窯
市貝町に転居、現在に至る