TOP PAGE (フレームが表示されてない場合、
          ここからTOPへお戻りください。)

2006年12月2日(土)〜10日(日)
     《会期中無休》
ユアン・クレイグ 作陶展
《Exhibition of Euan Craig》
会場: ギャラリー・セントアイヴス
作家在廊日: 毎日
陶芸は友人との会話のようです。 陶芸家と粘土、作る人と使う人、器と料理との対話のように。
表面的に異なる文化間の共通点や、自然の美しさ、ただ生きているということの喜びも教えてくれます。
今回の新作を見ていただくのを楽しみにしています。私が制作している時と同じように、皆さんが使う時にも楽しんでいただければ嬉しいです。
                                ユアン・クレイグ
Pottery is a conversation between friends, between the potter and the clay, between the maker and the user, between the vessel and the meal.
It helps us find the common ground between apparently different cultures and teaches us about the beauty of nature and the joy of simply living.
I look forward to sharing my new work with you, and hope that you enjoy using it as much as I enjoy making it.
                                  Euan Craig
1964
1978
1985
1991
1994
2000
オーストラリア、メルボルンに生まれる
陶芸に出会う
ペンティゴ大学窯業科卒業
島岡達三の門に入る
益子町に築窯
市貝町に転居、現在に至る。

ユアン・クレイグと自由が丘・フレンチレストラン「ラ・ビュット・ポワゼ」の
オーナーシェフ・森重正浩氏とのコラボレーションによるお食事会のお知らせ
・1日限定10名様
・特別コース料理とユアンの限定作品のセット
・作家も出席します。
・お飲み物別料金
日時: 12月2日(土)、9日(土)
    各日午後7時より

会費: 15,000円(サービス料・税込)
■■ご予約はギャラリー・セントアイヴスまで■■
ラ・ビュット・ポワゼ 外観
《会場風景》